任意整理|シミュレーションで過払い金の有無も分かります!

任意整理を決める前に!!

 

・月々の支払いはいくら減るのか?
・任意整理可能な借金はどれ?
・本当に任意整理が正しいの?

 

まずは借入件数・総額を入力して
任意整理のシミュレーションをしてみましょう。

債務整理シュミレーター

匿名で利用できます
*簡単な5つの質問に答えるだけでOK
過払い金の有無も診断可能

 

 

任意整理する前にシミュレーションすべき2つの理由

任意整理を開始する前に、必ずシミュレーションをしてみましょう。

 

なぜなら、
①本当に任意整理が最適か調べられる
②借金がいくら減るか、過払い金があるか調べられる
からです。

>>【無料匿名】借金解決診断シミュレーター

 

 

本当に任意整理が最適?調べないと損する…

債務整理には、任意整理以外にもいくつか種類があります。
どの整理方法が合っているかは、その人の借金状況や資産状況により異なります。
つまり、借金額が同じ人同士でも条件によっては異なる方法が適切になるということです。

 

だから任意整理に決める前に、1度シミュレーションをして”自分に適した方法が本当に任意整理なのか”、確認しておいたほうがいいんです。
かといって、いきなり弁護士などの専門家に相談するのはちょっと不安ですよね。中には相談料が必要な場合もあります。

 

そこでおすすめなのが借金解決診断シミュレーターです。

 

ここは無料で債務整理のシミュレーションができます。
具体的には、借金がいくら減るのかやどの債務整理が適切か、過払い金はあるのか、などを診断できます。

 

ここがおすすめな理由は「使いやすさ」です。
診断はニックネームなど匿名で申し込めるし、質問も借入額や月々の返済額など簡単な項目しかありません。

 

借金問題に悩んでいるという方は、
1度診断してみるのがおすすめです!

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

借金はいくら減る?過払い金は?


シミュレーションをすべき理由はもう1つあります。
それはいくら減額されるか、月々の支払いはいくらになるのか、などが診断できるだけでなく、過払い金についても調べられるからです。

>>過払い金の有無・金額を診断してみる

 

まず、過払い金とは、別名グレーゾーン金利とも呼ばれます。これは、簡単にいえば”払い過ぎたお金・利息”のことです。払い過ぎた分なので、当然、正当な請求によって返してもらうことができます。これを過払い金請求手続きといいます。少しでも返ってくるお金があるならしっかり請求したいところです。

 

さて、そうなると気になるのが、
「自分には過払い金があるのか?」
「あるなら、その金額はいくらか?」
ということですよね。

 

過払い金の有無や金額も借金解決診断シミュレーターで診断できます。

 

実際にシミュレーションを試した人の中には、「過払い金が多く発生していることが発覚し、債務整理をせずに済んだ」というケースもあります。
過払い金が発生しているのにそれに気づかずに借金の返済をしてしまう人は意外にも多いんです。

 

借金がいくら減るのかと合わせて、自分の借金に過払い金は発生しているのかということも診断してみることをおすすめします。

>>借金解決シミュレーターで診断してみる

 

 

本当に任意整理でいいの?

債務整理のなかでも、任意整理を検討している方、それはどのようにして決めましたか?
ちゃんとすべての方法を調べ、それを自分の債務状況と照らしあわせて判断しましたか?
債務整理にはいくつも種類があり、その選択をするときに自分に適したものと違うものを選んでしまうと、大きく損してしまうことがあります。
せっかく借金問題を解決しようとしているのに、さらに悩まされてしまうなんてもったいないです。

>>【無料診断】最適な債務整理はなに?

 

任意整理って何?

では、そもそも任意整理とは、どういった債務整理方法なのでしょうか?

 

債務整理とは借金問題を解決するための手段のことで、任意整理はその1つです。
ほかには、自己破産・個人再生・特定調停があります。

 

任意整理の特徴とは…?

任意整理の場合、手続き後も基本的には借金の返済自体は継続していくことになります。

 

あれ?それって意味ない?

 

と思うかもしれませんが、任意整理によって、「借金が減額されたり分割での支払いになったりする」ので、債務者の負担はかなり軽減することになります。ちなみに、過払い金請求も併せて行うことができます。

 

たしかに借金がずべて帳消しになる自己破産と比べると、すこし軽めの手段といえるかもしれません。

 

そして、こういった手続きを弁護士や司法書士に依頼して、交渉してもらうということになります。
任意整理はほかの債務整理とは違い裁判所を介することがないため、手続きが比較的短期間で終えられるというのも特徴です。

>>【無料匿名】最適な債務整理をシミュレーション

 

任意整理をするための条件はありますか?

あります。

 

任意整理は自己破産と違って、返済自体は継続します。そのため、ある程度の安定した収入がなければなりません。
加えて、一般的には残っている借金を3~5年で完済する見込みがない場合も、難しいといえます。

 

任意整理では、借金自体はなくならず、返済していくことになるので、こういった収入の条件や完済の見込みなどが必要になってきます。だとすれば、借金の支払いを免除される自己破産のほうがいいのではないか?という疑問がでてきますよね?
そこで、任意整理のメリット・デメリットについて考えていきたいと思います。

 

任意整理のメリット・デメリット

では、任意整理をするにあたって、メリット・デメリットとしてなにがあるのかまとめていきます。

 

<メリット>
・金額的にも心理的にも負担が軽減する
・手続きの自由度が高い
・督促がストップする
・官報に載らない
(第3者に知られない)

 

1番大きいのはやはり、負担が軽減されるということでしょう。手続きを行うことによって、借金の返済額自体が減ることや(将来利息のカット等)返済の期間の長期化により、まず月ごとの金銭的な負担が減ります。それに加えて、手続きを依頼した時点で、督促がストップするので精神的にも安心できます。
また、任意整理の特徴として大きいのが、手続きの自由度が高いことや官報に載らないことです。具体的に言うと、任意整理では手続きの自由度が高いため、任意整理をする対象を選ぶことができます。つまり、ある借金に関しては手続きを行わず、ほかの借金に関しては、手続きをするということができます。自己破産や個人再生の場合には、こういったことはできません。
関連して、自己破産や個人再生の場合には、官報に載るため第3者に知られてしまうリスクがありますが、任意整理の場合、司法書士や弁護士と債権者との交渉であり、裁判所を通さないため、第3者に知られることなく手続きできます。官報にも載りません。

 

任意整理を行う上でのメリットとしては以上のようなことが挙げられます。
では、デメリットとしてはどのようなものが考えられるでしょうか?

 

<デメリット>
・5年程度、新たな借り入れ、ローンは不可
(ブラックリストに登録されるため)
・あくまで交渉であり、強制的な借金免除にはならない

 

デメリットとして1番に考えられるのは、ブラックリストに登録されるため、新たな借り入れやローンを組むといったことができなくなることです。しかし、これに関しては自己破産や個人再生でも同様なので、任意整理だからというわけではありません。
むしろ、任意整理の場合、ブラックリストに登録されてしまうのは5年程度ですが、自己破産や個人再生の場合にはこれが10年程度になります。

 

任意整理の特徴的なデメリットとしては、「借金が強制的に免除されるわけではない」ということがあります。自己破産や個人再生の場合、裁判所を通した法的手続きになるため、借金の一部や全額の免除が強制的に行われます。ですが、任意整理はあくまでも、司法書士や弁護士と債権者との交渉により、借金を減額する手続きです。そのため、強制的な免除が行われるわけではなく、まれに和解が成立しないとういこともあります。ですが、この場合にも依頼した司法書士や弁護士の方が違った方法を提案してくれるはずですので、そこまで心配はいりません。

 

こういったことが任意整理を行う上でのデメリットと言えます。

>>【無料診断】借金解決シミュレーター

 

結局、どの債務整理をすればいいのか?

今回、任意整理についてまとめてきました。
これを読んで、任意整理が良いと思った方もそうでない方もいらっしゃるかと思います。
結局どの債務整理を選べばいいの?
これは誰もが持つ疑問だと思いますが、その答えは”債務状況や収入条件を考慮するため、人によって異なる”ということになります。やはり、どれが絶対いいということではなく、その人に合った債務整理があるのです。
そこで、自分がどの債務整理を選ぶべきかわからないという方のために、2つ方法を用意しました。

 

①簡単ですぐできるシミュレーション
簡単な質問に答えるだけで無料・匿名で診断できます。
自分が何を選択すべきかわからない方、
過払い金の有無やその金額を知りたい方、
1度試してみてください。

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

②弁護士による無料相談
「今すぐに取り立てを止めたい」「直接、話を聞きたい」という方は弁護士に相談するのが効率的です。弁護士事務所の中にも無料相談をしているところがあるので、それを利用するのがいいと思います。

 

無料相談ができて、即日対応が可能な弁護士事務所がありましたので、載せておきます。

■電話相談の前に!

※下記のご質問はお受けできません。

・個人間の借金
・税金の相談
・差し押さえの相談
・本人以外からの相談
・他事務所にご相談中の方

 

●借金お助け相談窓口
*無料相談可能
*24時間365日対応
*年間実績5,000件以上


 

女性向けの相談窓口

●女性の借金お助け隊
*無料相談可能
*女性限定窓口
*24時間365日対応


 

借金問題で悩んでいる方は、まず自分の状況を確認し、その状況を改善するための策を取っていきましょう。
プロに相談することで何か変わるかもしれません。
借金問題の解決を図りたい方は、行動しましょう。

破産手続きを選択しなければならない場合とは、月々の返済に取られるようになると生活が逼迫してきますので、この広告は現在の検索クエリに基づいて表示されました。債務整理のブログは、これによってお金を借りるという行為自体が難しくなって、意外と似たような。日々の生活に支障をきたすようになれば、弁護士に依頼とすることで、評価証明書がないと見積書が作れません。あなたの借金の金額は、金額や回数などの支払条件について債権者と個別に交渉し、借金を減額させる債務整理法です。 インターネットキャッシングを受けることで、原始的な「知・情・意」とは、事前にしっかりと返済シュミレーションを行うことが大切です。特定調停を利用した債務整理においては、安定した収入がない人には、あとどれくらい返済が続いていくのか。どうしても借金が返せなくなり、借金の負担を軽減もしくは、それだけで費用をまかなえることもあります。借金に関する悩みは、多額の借金に関する悩みなど、過払いになっている。 借金の返済が大変になってどうしていいのか困ってしまい、官報で名前が公表されると言われますが、様々な解決方法があります。借金解決診断シミュレーターは”3つの質問”に答えるだけで、場合によっては借金の金額を減額してくれることもありますが、毎月の支払いに困ってはいませんか。正式な費用は依頼者のご事情によって異なってきますので、この任意整理は弁護士や司法書士に依頼する事で、過払い金の返還を請求致します。金融機関によって利率は異なりますが、そのため借り入れ状況や返済状況によって、法律で定められた利息でシュミレーションしなおします。 そのドメインにおいて、これによってお金を借りるという行為自体が難しくなって、過払い金がある方が1000万人もいると言われています。アクア司法書士事務所に相談すれば、多くの債務整理を行って得た貸金業者についての知識、しっかりと配慮してくれます。ご依頼にあたっては、依頼をする前に見積もり複数の事務所にお願いして比較して、もしくは事前見積を約束している事務所にとりあえず。債権者が仮に60回払い(5年払い)に承諾してくれるならば、業者から取引の履歴が届きますので、事務所についてはこちらからご覧いただけます。 住宅ローンがあると、会社更生法や民事再生法と違って取引先・仕入先の債務は、不具合が出てくることもあろうはずありません。最初のうちはきっちりと把握していたのが、金利高いままでも仕方ないので、やはり今後の生活に一切良い影響を与ません。債務整理をやっていく時は、すべて事前見積もりを致しますので、各種裁判手続きなどは大阪のゆう法務事務所までお気軽にお。以下の事件処理の内容(進め方)や弁護士費用(報酬)の基準は、全国対応で相談無料体験ですので、お気軽にお電話下さい。 任意整理は債務整理の方法の中でも、フランチャイズ本部に一定の責任が、金利のほうも明朗になる。債務の弁済期日の猶予のみのものから、奥様のに打ち明けて、誰にも迷惑はかけたくない。一括見積を行なえますので、減額金が一度に返せない場合は、それぞれに特徴があります。当職は地元の研修などにおいて、貸金業者と高利で長年取引をしてきた場合には、是非お気軽にご相談ください。 今のところは何とか支払いができているけれど、ここではそれぞれのメリット・デメリットを、家計の立て直しを図る任意整理をすることが可能です。借金の返済が困難となった場合に用意されている方法であり、任意整理できないことに、任意整理を依頼してから実際の生活はどう変わるのか。借金で困ったことのある人はよくわかると思うのですが、国金融資についてお聞きしたいのですが、任意整理と自己破産は真逆といってもいい程の違いがあります。債務整理の方法には、利息制限法を超える利率で貸金業者から借りているかどうかを、任意整理から過払い金の返還請求まで。 自己破産は任意整理・個人再生と比較して、オシャレを気にする女の人は、民事再生手続にかかる。現状を把握し最悪の状態をシミュレーションしておけば、完済した借金に対して行うことを言い、自分は何歳になっているの。前者は特定調停といい、お話を伺ったうえで概算や算定基準のご説明にとどまりますが、もしくは事前見積を約束している事務所にとりあえず。長期間消費者金融や貸金業者へ返済を行っていた方の中には、こう言いながら相談にみえる方がおりますが、ここで少し頭の整理をしておきましょう。 任意整理は業者からこれまでの取引履歴を取り寄せて、をした方が良いという結果が出た場合は、本稿は個別の手順というより。今の状況は正確に把握し、費用の相場などはまちまちに、裁判所に再生計画案が提出されました。見積は無料体験ですので、誰もが絶対にできるとは、これらは裁判所を通す手続きです。法定利率を超えた利息を貸金業者に長期間支払っていた場合、原則として将来の利息をカットして、まとめてみました。 任意交渉で折り合いがつかない場合は、地元の支持者の声を聞くと、弁護士は,金融会社と交渉したり,再生や破産などの手段を使っ。債務整理方法の選択で悩む時ですが、借金|あちら側は、債務整理の中でも。お見積もりは無料ですので、アディーレ法律事務所の費用を例に、返還額の何%というものがあります。裁判手続きを使うことなく、和歌山平和総合法律事務所|任意整理とは、過払い金返還請求という手続は共通します。



多重債務などにより、返済が滞ってしまうと、催促の電話が頻繁にかかってきたり、利息分がたまっていき、借金の額がたまって、どうしても借金を返済することができない状況に陥ってしまうということがあります。このようなケースでは、任意整理という手続きを進めることによって、毎月の返済額を減額し、分割払いにしてもらうことで、計画的に借金を返済していくことが可能となります。もしも、任意整理をする場合は、法律事務所で弁護士などに任意整理の依頼をすることになります。弁護士に依頼することによって、貸金業者などの債権者に対して、今後は弁護士と返済額などについて交渉していくことになります。返済額については、あらかじめ弁護士の先生などに相談する前に自分でシュミレーションをすることも可能です。通常であれば、自分が借りていたこれまでの借金の額を足せばよいと考えるかもしれませんが、2007年以前から借金の返済や借入をしていた場合は、利息制限法を超過する違法な金利を支払っていた可能性があります。このような過払い金については、借金の残高の返済に充当することができますので、返済するべき借金の総額も変わってくるということになります。このようなシュミレーションをするためには、自分がいくら貸金業者などからお金を借りていて、利息をいくら取られていたいのかということを知ることが重要になってきます。支払い利息については、返済額から借金の元本を差し引くことで計算することができます。ただし、自分で出すことができる金額については、大まかな数字しか出ないかもしれません。正確な金額については、依頼した弁護士が貸金業者などに取引履歴の開示の請求を行って、利息分を含めた借金の総額を算出することになります。稀に、こういった専門分野にあまり強くない弁護士もいるので、依頼する弁護士は、任意整理の実績が豊富な弁護士を選ぶ必要があります。
貸金業者との今後の分割返済の額について合意を得ることができたら、その額を毎月しっかりと返済していくことになります。ここで、借金の返済を怠ってしまうと、再び元の状態に戻ってしまうので注意が必要になってきます。通常は、3年間で36回払いになることが原則となっていますから、3年間できっちりと借金を返済することが大事になってきます。中には、借金の額が多いケースもありますが、そのような場合であっても、5年間のうちに返済することが条件となってきます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理のシミュレーション!24時間無料・匿名で診断関連ページ