任意整理とは?|借金の悩みを解決するために

任意整理とは借金を返済する方法の一つとなりますが、司法書士や弁護士が債務者と任意の交渉を行い借金の総額を減らして返済できるメリットがあります。借金を整理する方法には個人再生や自己破産がありますが、任意整理とは違う点が裁判所を通すことにあります。裁判所を通すと手続きが難しくなり、整理できるまでには長い期間が必要となります。個人再生や自己破産が任意整理とは違う点に、整理する金融業者を選べる点があります。どうしても整理したくない金融業者がある場合にはメリットがありますが、任意整理でも基本的には全ての借金に対して行うほうが効率が良いと言えます。任意整理の特徴として裁判所を通さずにできる点がありますが、あくまでも任意の交渉となるため応じない金融業者もあります。また借金を減額し返済することが任意整理の基本となりますので、引き直し計算を行ってもそれほど借金の総額が減らないケースもあります。もちろん任意整理後は利息が免除されますので返済の負担は軽くなりますが、減額がほとんどない場合には厳しい返済が待っています。他の債務整理と異なる点に、過払い金の存在があります。払い過ぎた利息に関しては返還してもらうことが可能ですが、残金よりも過払い金の方が多い場合には完済が可能ですし、差額分の金額を手にすることも可能です。他の債務整理では任意整理よりも大きく借金総額を減らすことが可能ですが、過払い金がもらえない点に違いがあります。
任意整理という言葉を近年では耳にすることが多くなりましたが、任意整理とは実際にどのような内容を持っているのかを明確に判断できていない方も存在しています。勿論、借金などをしていない方ならば、詳細事項を知る必要が無い場合もありますが、既に借金をしている方や、将来的にお金を借りる可能性を持っている方ならば、事前に把握しておくことが望ましいことになります。任意整理とは、いくつかの内容を持っているものになり、例えば今後支払う金利を無くすことができ、減額された借金を返済していく方法がメインとされています。しかし、現在で言う任意整理とは、他の手段での意味合いを持っているものもあり、例えば民事再生という方法も用意されています。民事再生の場合では返済が困難になっている状況を裁判所に認めてもらうことによって大きく借金の金額を減額することができる仕組みを持っています。自己破産という手段も用意されています。自己破産では基本的には借金をゼロにすることが可能な方法と認知されているものになりますが、その一方で資産価値の持っているものを売却することが必要とされている内容を持っているために、人によっては慎重に利用することが望ましいことになります。最もメジャーな方法でもある任意整理の場合では、返済することが完全にできない方以外では十分に効果的に機能する方法としても知られており、弁護士に支払う報酬なども比較的低めに設定されていることもあって、現在では注目されている内容になります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理とは?|借金の悩みを解決するために関連ページ