任意整理した後でも賃貸契約はできるのか?

任意整理を行うことによって、今後借金を計画的に返していくことになるわけですが、その後にアパートやマンションなどに引っ越しをしたり、そのまま住み続けるとしても更新が必要になってきたりしたときに、契約や更新について問題になってきます。もしも、契約や更新ができないとなると、住むところがなくなってしまったり、引っ越しをすることができないというデメリットが生じてしまうことになります。
そこで、任意整理後の賃貸契約や更新ができるかどうかに関していえば、基本的には影響がないと考えてよいといえます。多くの人が不安に感じている点としては、債務を整理した後に、それが事故情報として信用情報機関に登録されてしまうので、賃貸契約をするにあたって行われることになる審査に通らないのではと考えますが、実際は審査の段階で、事故情報をチェックすることは少ないので、それほど心配する必要はないということになります。
しかし、賃貸契約に際して保証会社が必要な物件に契約をする場合には、保証会社が信用情報を参照する可能性がありますから、審査に通らない可能性もゼロではないということになります。もしも、保証会社が必要な物件の契約をするのであれば、任意整理から5年後にするとよいと考えられます。また、賃貸物件の家賃の支払いに関して、クレジットカードでの支払いが前提条件となっているような物件がある場合は、注意が必要になってきます。クレジットカードをつくる場合は、任意整理後の状態であると審査に通ることが難しいですから、クレジットカードをつくることができません。そうなってくると、家賃の支払い自体がでできないということになりますから、自分が希望とする物件に住むことができない場合があるということになります。
このように、場合によっては、自分が希望とする物件に住むことができないということがあるかもしれませんが、いずれにしても、任意整理をしてから数年が経過すれば、信用情報から名前が消えるので、しっかりと債務整理ができれば、自由に自分が希望とする物件に住むことができますし、クレジットカードをつくることも可能です。できれば、債務整理を行っている最中は、引っ越しなどを検討する以前に借金を確実に返済していくということが大事になってきます。引っ越しには費用がかかりますから、引っ越しをするお金があるのであれば、そのお金は借金返済に回した方がよいと考えます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理した後でも賃貸契約はできるのか?関連ページ