任意整理・信用情報|信用に触れたらその後の影響大?

借金の返済が困難になった場合の対処法として、任意整理をするという選択肢があります。任意整理は債務整理の中の一つの方法で、裁判所を通さずに手続きが行える為、最も多くの人に利用されている債務整理の方法です。
任意整理では主に金利の引き直し計算を行います。過去に払い過ぎた利息が有る場合には、金利の引き直しを行って払い過ぎた利息を残債に充当します。そうすることによって債務の返済負担を軽減出来るメリットがあります。その他にも、返済方法の見直しや借金の減額などの交渉も債権者とすることが可能ですが、全てを受け入れてもらえる訳ではありません。
任意整理は返済の負担を軽減出来るメリットが有る一方で、デメリットとなる点もあります。最も大きなデメリットは信用情報機関の債務者の信用情報に事故情報が残ってしまうことです。概ね5年間は事故情報が記録されますので、その期間は新たな借入を行ったり、クレジットカードを新規作成することが出来なくなってしまいます。
任意整理を行ったからと言って法律で新規の借入が禁止されている訳ではなく、あくまでも各業者が申込人の信用情報を基に判断することになります。ただしお金を貸したり、クレジットカードの利用代金を立替えたりするには信用力が最も重要となりますので、信用情報にキズが付いている場合は審査に通らなくなってしまいます。
過払い金の返還請求も任意整理と同様に金利の引き直し計算を行いますが、完済済みもしくは過払い金返還請求を行うことによって完済する場合は信用情報に事故情報は残りません。

任意整理をすると、信用情報に登録されるのは間違いありません。
遅延せずしっかり完済した場合は、信用情報に優良な利用者として登録されますが、遅延を繰り返すとブラックリストとなります。
債務整理をした場合も、その方法に関係なくブラックになります。
信用情報に傷が付いてしまうと、5年間はローンを利用できません。
もし5年経過せずにローンの申し込みをした場合は、審査の時点で不可となります。
お金を借りる前には、必ず信用情報をチェックされるので、ここで嘘をついても意味がありません。

ブラックに登録されるのは自己破産だけだと考えている方は多いですが、個人再生や任意整理も対象となります。
任意整理は手軽に行える債務整理として人気があり、特にカードローンやキャッシングを整理するために選ばれています。
これら多目的ローンの借入額は比較的少ないため、任意整理だけで整理できることが多いです。

任意整理をした場合も個人情報にブラックとして登録されますが、官報や破産者名簿には登録されません。
官報に掲載されるのは個人再生と自己破産をした場合、破産者名簿には自己破産をした場合に登録されます。
ブラックリストは5年間で登録から消えて、その後はローンやクレジットの契約ができるようになります。
登録状況については個人信用情報機関にデータ開示を求めるとわかります。
5年間を過ぎたと思っていても、まだ過ぎていないケースはよくあり、この場合はローンの利用ができません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理・信用情報|信用に触れたらその後の影響大?関連ページ