任意整理|奨学金返済でもう辛い!方、解決方法は?

中には高校や大学の学費を奨学金で補って卒業をしたという人もいますが、通常であれば、その学費は社会人になって働いた収入から返済していくことが基本となっています。しかし、場合によっては、返済が難しい状況になってしまうケースもあります。例えば、他の金融機関などから借金をしている状態であったり、病気などで収入が減ってしまったり、休職中であったりすると、奨学金の返済が滞るということが考えられます。できれば、親族などに借りて返済をした方がよいと考えられますが、人によってはそれも難しいような場合もあります。このような他にも借金を多数抱えている人の中には、法的な手続きに基づいて債務を返済するという方法もあります。中でも任意整理という方法であれば、利息の減額や毎月の返済額を分割することができる可能性がありますから、経済的に余裕がなければ、任意整理を行って借金を返済していくという方法も考えられます。しかし、奨学金の場合は、この任意整理が難しいというのが現状となっています。もしも、任意整理として毎月の返済額の減額などの交渉を行ったとしても、よほどのことがないと応じてもらえないといわれています。奨学金は9か月延滞してしまうと、裁判所に支払い催促を起こして、一括繰り上げ請求をすることになりますから、そのような状況になる前に弁護士などに相談することが大事になってきます。もし、他に借金があるのであれば、それらの任意整理を行って、奨学金はそのままの形で返済していくという方法が一番適切であると考えられます。借りた学費についてはそれほど利息は多くないので、他の借金を整理して、確実に元本を返済していくということになります。他の借金の債務整理をする場合は、まず弁護士に依頼することになります。依頼を受けた弁護士は、他の借金をしている貸金業者と交渉して、毎月の支払額の減額や利息の減額などの交渉を行ってくれます。また、利息超過分の支払いがある場合は、その分の返還請求をしてもらうことができるので、借金の総額が減額されることになります。期間としては、3年程度で完済することができる計画を立てることになりますが、毎月の支払いは減るので、ある程度余裕をもって返済をしていくことができます。ただし、クレジットカードをつくったり、ローンを組むといったことは5年間は難しいので、例えば引っ越しをしたりする場合は注意が必要になってきます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理|奨学金返済でもう辛い!方、解決方法は?関連ページ