任意整理の方法を徹底調査!|

借金の返済が苦しくなって来た場合には、債務整理を検討することも必要となって来ます。債務整理を行えば、借金の返済負担を軽減することが出来ますので、返済負担に苦しむ債務者にとっては大きなメリットがあります。手続き方法は、任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法がありますので、返済状況を考慮して最適な手続き方法を選択することが大切です。
債務整理の中で最初に検討する手続きが任意整理です。裁判所を通さずに債権者と直接交渉が行えますので、手続きに手間がかかりません。手続きは自分で行うことも可能ですが、様々な負担を考慮すれば弁護士や司法書士に依頼した方が良いです。また、弁護士や司法書士に依頼すれば、最初に受任通知を債権者宛に送付して貰えますので、その後の返済や取立てをストップさせることが出来ます。
任意整理の手続き方法については、弁護士や司法書士と打ち合わせをして、目指すべき方向性を決めれば、後は手続きを一任することが出来ます。交渉出来る主な内容としては、将来の利息のカットと金利の引き直しです。この2つに関しては、高い確率で交渉を成立させることが出来ます。将来の利息をカットすると言うことは、交渉成立後は借金の元本のみを返済して行くことになります。なぜ、その様なことが可能なのかと言いますと、債権者からしても個人再生や自己破産をされると、大きな損失となるからです。個人再生は大幅に元本が減額されますし、自己破産の場合は全ての債権を回収することが出来なくなってしまいます。その様になる位なら元本だけでも、きちんと返済してもらった方がデメリットが少ないです。その為、将来の利息をカットすると言う交渉が出来ます。
金利の引き直しとは、過払い金返還請求の場合と同じやり方です。違法な高い金利を支払っていた場合は、払い過ぎた利息を取り戻すことが出来ます。その取り戻した利息を元本の返済に充当すれば、返済負担を大きく減少させることが可能です。
将来の利息をカットすることと、金利の引き直し以外にも交渉出来ることはありますが、必ずしも交渉を成立されられる訳ではありません。しかも、最近は交渉を成立させられる可能性が低くなって来ています。
任意整理は元本をこれまで通り返済を続けて行くことを交渉内容の前提としています。ですので、個人再生や自己破産の様に大きな債務に削減効果は期待出来ません。しかし、手続き対象を自由に選択出来たり、財産を換価するなどの必要性がありません。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の方法を徹底調査!|関連ページ