任意整理の後悔集|こんなことならやらない方がいい任意整理

任意整理をしたことが原因で後悔することはあるのでしょうか。
任意整理は債務整理の中でも一番デメリットの少ない方法と言えます。というのも裁判所を通じずに行うからです。
ですので官報にそのことが掲載されることもありませんし、裁判所に出向く必要もありません。しかも資格制限などもありませんのである特定の資格を有する仕事をしている方の場合はむしろ任意整理の方が向いています。
しかし一定期間借り入れができなくなるのは他の債務整理と同じです。
ブラックリストに掲載されてしまうため大体7年から10年くらいはお金が借りられなくなります。
ただこれが後悔につながるのかと言えばそうとも言えません。
任意整理をして少しでも返済額が安くなればそもそも新たに借金などする必要はないからです。
しかし場合によっては後悔することもあります。
例えばあまり任意整理によって減額できなかった場合です。どれだけ減額できるかはその人によりけりなのですがさほど変わらない可能性もあります。
それでも法律家に依頼した場合には報酬を支払わなければいけませんので下手をすると金銭的に損をする可能性があるのです。
あとこの手続きはあくまでも減額してもらい、三年以内に全て支払うという手続きであり、自己破産のように全ての債務がゼロになるという事は有りません。自己破産をしたほうがいい事例なのにも関わらずこちらの手段を選んでしまいますときちんと返済できず結局債権者のほうから契約破棄されてしまうこともあるのです。
ですので全ての人に適しているとは限らないのです。
またカードで借りた場合には過払いが生じませんのでこの手続きを行ってもそれほど減額できないと思ってください。
法律家は債務整理についての知識を持っています。その人一人一人のケースによって最適な手段を選んでくれますので信頼できる人であれば後悔することはないでしょう。
まずは相談する前にいい法律家を見つけることが大事です。
最後に後悔することがあるとすれば自分がきちんと借金の返済が出来なかった事になるでしょう、真面目な性格で本当は自力で返済したかったという方からしてみると人生の汚点になってしまいます。
しかしこれは気持ちの問題です、全て返済をゼロにしたのではなく少しでも債権者に迷惑を欠けまいと減額してでも支払う手段を取った自分を責めないようにしましょう。
時間が経過すると苦しみもなくなりまた普通の生活に戻れます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の後悔集|こんなことならやらない方がいい任意整理関連ページ