任意整理の期間│最短、最長でもどれくらいかかる?

任意整理は弁護士や司法書士に依頼してからどのくらいの期間がかかるものなのでしょうか。
まず、委任を受けた弁護士や司法書士が、債権者(借金をされている側)に対して「債務者(借金をしている人)に代わり、任意整理の手続きを行うこと」を知らせる受任通知を送ります。この受任通知を受け取ったら、債権者は借金の支払いの督促をやめなければなりません。また、受任通知が届かない間に電話等で連絡が来ても「弁護士や司法書士に委任しました」と伝えれば、その時点で督促が止まることもあります。現在の債務がどのようになっているのかを知る必要があるため、受任通知と同時に債権者と契約してから現在までの取引明細を開示してもらうように債権者へ依頼をします。この取引明細の開示までに、1か月~2か月かかります。その明細をもとに、過払い金の計算などを行い、それをもとに弁護士や司法書士が今後の支払いについて話し合いを行います。残額の支払いは3年(36回)払いになることが多いですが、業者によっては5年払いを受け付けてくれたり、3年以下の支払いになる場合があります。これは債権者の支払い能力等を考えて、弁護士や司法書士に交渉を行ってもらいます。双方の了解が得られる案が出来上がると、そこで和解契約を結び、以降は和解契約書に記載の口座に振り込みを行っていくことになります。和解契約書に書かれていますが、支払いを忘れたり、支払日に遅れてしまった場合には期限の利益の喪失となり、残額を一括請求される可能性もあります。
弁護士や司法書士に依頼し、委任状を作ってから和解まで、3~4か月程度、長い場合で6か月程度の期間となります。
弁護士や司法書士によっては、任意整理の費用は一括で支払える金額であるにも関わらず、すべて分割でのみ受け付けるところもあります。任意整理の和解後の支払いのことも考えて、報酬を毎月分割で支払いを行う事務所もあります。支払いを数か月分一度に支払ったとしても、任意整理の支払期間が縮まるだけだからです。たとえば、今月分と来月分を支払える余裕ができたので2か月分返済した場合、「来月の分は払わなくて良い」わけではなく、来月分もちゃんと払い続けなければなりません。その代わりに、支払いの終了する月が1か月早くなるのです。そこまで考えて、報酬の支払いを行う事務所もあります。差額が出れば、和解契約成立後に返金や請求があることがあります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理の期間│最短、最長でもどれくらいかかる?関連ページ