任意整理をすると携帯電話にも影響が?|携帯電話との関係

任意整理の手続きを行えば、債権者に対して、毎月の借金返済額の減額ができたり、場合によっては払いすぎた利息分が戻ってくる場合もあります。また、借金返済のための催促の電話などもなくなりますから、精神的にも落ち着いた環境を取り戻すことができます。しかし、任意整理をすることによって、生活の中である程度の制限が出てきてしまいます。例えば、クレジットカードに関しては、信用情報機関に任意整理をしている場合は5年間登録されることになるので、審査に通らない可能性が高く、つくることができなかったりします。また、ローンなどについても、情報機関に登録されている間は組むことができないなどの制限があります。そこで、携帯電話についても心配する人もいますが、携帯電話の契約については、任意整理の対象外にして、携帯電話料金をしっかりと支払うようにすれば、通常問題にはなりません。なぜなら、任意整理の場合は、自分にとって大きな負担となっている借金の問題だけを対象することができるので、あらかじめ対象とする部分を弁護士に話しておく必要があります。ただし、現実問題として、電話を新規契約で一括で支払うとなるとかなりの額になるので、現実問題として新規契約を結ぶことはあまりないかもしれませんが、もしも、これから携帯電話を新規で契約する場合には注意が必要になってきます。どこが問題になってくるのかというと、機種代金をローンで返済する場合です。このようなケースの場合、ローンを組んで携帯料金を月々支払っていくという形になりますから、新規契約ができない場合があります。ですから、もし新たに携帯電話の契約をする場合は、ローンで支払うのではなく、一括で代金を支払うことによって、新規契約を結ぶことができるようになります。また、新規契約の際の審査が問題となると考えられますが、携帯会社が信用情報機関とは別の情報交換ネットワークを使って審査をするので、債務整理をしているということで審査に落ちるということはありません。ただし、過去に料金の未納が何度もあるような過去があれば、審査が難しくなる場合があるので注意が必要になってきます。
このような新規契約に関しては、自己破産や個人再生の場合では、債権者平等の原則というルールに基づき、わずかな携帯料金の未納でも借金とみなされますが、任意の場合は特に返済が困難な一部の借金だけを対象とすることができるということになります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理をすると携帯電話にも影響が?|携帯電話との関係関連ページ