任意整理経験者の声から学ぶ!|任意整理の正しい知識

任意整理は自分の意志で債務を圧縮したりなくしてしまうことを言います。その方法には自分で債権者と話し合って返済期間や返済金額を少なくしてもらうようにするリスケジュールや裁判所を通して債務を持っている業者と話し合う特定調停や自己破産などの方法があります。これらの裁判所を通して行う任意整理の方法はその申請書類が膨大な量になるので法律の専門家である司法書士さんや弁護士さんに依頼して行われることが多くなっています。また間に弁護士さんに立ってもらって業者と話し合う方法もあります。
リスケジュールは返済が困難になるであろうと思われるときに自分で金融機関に相談に行くことから始まります。リストラや会社の倒産等でどうしても返済が困難になった時には認められるケースが多くなっています。ただしこれを認めない銀行も存在していますから気を付けてください。また職を失った時に相談に行くと公正証書を提出しなければならない銀行も存在していて、この証書を提出したという経験者もいます。これは返済方法や回数を書き記したものでもし返済がリスケジュールを行った後も滞る場合にこの証書を根拠に法的に訴えることが可能になるものです。
法の専門家を通しての任意整理もできます。高い金利で借りている場合に弁護士や司法書士に間に入ってもらい業者と交渉して金利や返済回数を減らす方法です。グレーゾーン時代に借りていた人は過払い金の返還で債務を減らすこともできます。この過払い金返還請求で多くのお金が返ってきたという経験者もいます。一般の金融業者は個人での話し合いにはほとんど応じてはくれません。弁護士や司法書士を仲介すると話し合いに応じる業者が多くなってきます。個人ではなかなか話し合いには応じてはくれないと思っておいたほうが賢明です。この交渉は裁判所を通して特定調停という形で行われることもあります。かく裁判所に所属している調停委員が業者との交渉をやってくれますが手続きに必要な書類が多く業者との話し合いがうまくいかないことも多くあります。
次に自己破産を行う方法もあります。自分の財産をすべて放棄してそれをお金に換えて各業者に分配する方法です。自分の財産以上のものは差し出す必要がありません。住宅を持っている人は自己破産をする場合はこの住宅も処分しなければなりませんが住宅を残して再生を図る民事再生という方法もあります。
このように任意整理は、行う方法がたくさん用意されていますが支払いが滞る倍に早めに債務者に連絡を取りその対策を立てたほうが後々苦労をしなくても過ごせる方法になります。早めの対策を立て自分を追い込まないように気を付けましょう。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理経験者の声から学ぶ!|任意整理の正しい知識関連ページ