任意整理と過払い金請求|違いを徹底解説!

任意整理などの債務整理を弁護士に依頼すると、必ず過払い金を計算して、払いすぎたお金がある場合にはその分を債務にあてて残債務を減らします。ここで借金がゼロになったり、お金が戻ってくることもあります。このように、債務整理をするときには必ず過払い金の計算が行なわれるため、債務整理と過払い請求をセットで考えている人もいますが、両者には大きな違いがあります。

まず、過払い金とは、利息制限法で定められた上限を超えた金利で利息を支払っていた場合に生じる、払いすぎたお金のことです。過払い請求の時効は最後に借金を返済した時点から10年ですので、現在も返済中の人はもちろん、すでに完済をしてしまった人でも最後の返済から10年が経過していなければすることができます。完済済みの人が過払い請求をした場合には、単純にお金が戻ってくるだけであり、ブラックリストに載るという問題は生じません。しかし、現在も返済中の人が過払い請求をする場合には、次のような2つのパターンに分かれます。

1つ目のパターンは、過払い請求をすることで、借金がゼロになる場合です。つまりは借金の残高よりも過払い金のほうが大きい場合です。この場合には、借金はすでに完済できていることになるので、過払い請求をして払いすぎたお金を取り戻したらそれで解決するので、ブラックリストに載るという心配はありません。2つ目のパターンは、払いすぎたお金を計算して借金の金額を減らしても、なお借金が残っている場合です。この場合には、残った借金の返済について話し合う任意整理の手続きに入るので、金融事故という扱いになり、ブラックリストに載ってしまいます。払いすぎたお金を計算した後で借金がゼロになるのか残るのかは大きな分かれ道となるので、どちらかの判断がつかない場合には弁護士などの専門家に相談して最善の方法を見つけてもらいましょう。

次に、任意整理について説明します。任意整理では、金融機関と交渉をして利息を減額もしくは免除してもらったり、返済期間を無理なく返済できる期間に延ばしてもらったりする手続きです。任意整理は債務整理の一種ですので、必ずブラックリストに載ることになります。ブラックリストに載ったからといって一生それが残るわけではなく、和解が成立してから5年が経過すれば事故情報は消えます。クレジットカードやローンも5年が経過すれば問題なく利用できるようになります。このようにメリットだけでなくデメリットもあるので、借金を減額して無理なく返済できるようにできるというメリットと、ブラックリストに載るというデメリットのどちらが大きいかをよく考えてから行うことが大切です。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理と過払い金請求|違いを徹底解説!関連ページ