任意整理|住宅ローンもあるし返済地獄!どうしたらいい?!

借金の整理をしようと思った時に、いちばん金額が大きく、けれど手放すことも難しいのは現在住んでいる住宅なのではないでしょうか。債務整理と住宅ローンの関係性はどのようになっているのでしょう。
大きな金額の借金があり、さらにそれの返済が難しい場合、弁護士に相談しても個人再生か自己破産を薦められることが多いでしょう。しかし、自己破産は当面必要なもの以外の不動産や車などは手放さなくてはなりません。それは現在住んでいる住宅も同様です。住宅ローンの残債があってもなくても同様で、住宅ローン返済中でも今まで払ってきたローンは返還されません。そのため、住宅は維持したまま借金の整理をしたい場合には、任意整理か個人再生を利用することになるでしょう。個人再生は住宅を残し、その他の借金全てを裁判を行うことにより、借金の減額などが行われます。個人再生の場合には官報に名前が載ったり、裁判を行わなければならないことで家族や知人に知られてしまう可能性が高くなります。それらを避けたい時には、任意整理を利用しましょう。
任意整理は借金の整理を行うものと、今まで通り利息も含めて払い続けるものを自分で選択することができます。住宅はそのまま住み続けて、現状通りのローンを払い続ける、という選択をすることが可能だと言うことです。しかし、任意整理は借金を大きく減額できる方法ではなく、住宅ローンの残債も減ることはありません。現在払っている住宅ローンが多すぎて毎月の支払いが難しい場合には、ローンの支払いプランの組直しをしたい、ということの場合には応じてもらえる可能性が高いと言われています。それでも返済が難しいという場合には、家族や知人に知られても個人再生を行うことが、唯一自宅を残す方法になります。裁判所を通さなくても良い借金の整理方法のため、債務整理の中では一番簡単に手続きができます。
任意整理後に新たに住宅を購入しようと思った時には、どれくらいの年数がたっているかが重要です。「債務の返済ができなかった」とういう情報は、信用情報機関に5~10年ほど残ると言われています。年数は「5年以上で消えた」人もいれば「7年経っても残っていた」人もいて、だいたい5年~10年かかると言われています。この事故情報はいわゆる「ブラックリスト」というもので、この情報が残っている間は住宅に限らず各種のローンを組むことは難しくなります。信用情報機関に自分の情報の開示を依頼して、事故情報が消えたのを確認してからローンを組むことになります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理|住宅ローンもあるし返済地獄!どうしたらいい?!関連ページ