任意整理って?自己破産って?それぞれの特徴について

任意整理は現在の借金を減額する事が出来る債務整理の1つの方法です。
どのようにして減額をするのかは、債権者に対して交渉をする事で減額が可能です。

但し、単に交渉を行うのではなく、取引履歴の開示を求めてから、返済履歴に記載されている利息を利息制限法の上限金利に置き換えて計算をして行きます。
過払いが発生している可能性が有るため、引き直し計算を行って余計に支払っている利息を取り戻す必要があるからなのです。
また、債権者と話し合いをする時には交渉と言う形で話を進めて行くのが特徴で、最初に和解案を提示して借金問題を解決する事になります。

尚、債務整理と言うと破産と言ったイメージを持つ人も多いのですが、任意整理は破産とは異なり、借金自体は残るのが特徴です。
例えば、200万円の借金を持つ人が任意整理を行って借金の額が半分になったとしても、残りの100万円と言うお金は返済を行う義務が残りますので、債務整理を行う前と比べると返済額は減りますが、債務と言う形では残ります。

自己破産は裁判所に対して申し立てを行って許可が下された場合に手続きが進められて、全ての債務が免責となり支払う義務が無くなると言う特徴が在ります。

所で、借金をする時には保証人無しでお金を借りる事が出来る個人向けのキャッシングローンが在ります。
保証人が不要の代わりに保証会社の保証を受ける事が出来る、保証会社の審査に通ることでキャッシングローンを利用出来ると言った仕組みになっています。

しかし、住宅ローンなどのような高額のローン商品と言うのは、連帯保証人が必要になるのが特徴です。
連帯保証人は、お金を借りた人が万が一、返済が出来なくなった時には自分が代わりにお金の支払に応じるというもので、債務整理を行った場合も債務が残れば連帯保証人に債務が移る事になります。

連帯保証人になった人も支払いが出来ない場合は、債務整理をしなければならなくなります。
しかし、任意整理と言うのは裁判所を利用せずに手続きが行えるメリットだけではなく、複数の借金の中から債務整理をする借金を選べるのが特徴です。

例えば、連帯保証人を立てている借金はそのままにして返済を続け、連帯保証人を必要としていない借金だけを債務整理を利用して借金問題を解決していくことが出来ます。

因みに、自己破産の手続きの場合は、債務はゼロになる代わりに、連帯保証人に債務が移る事、そして借金全てが対象になると言った違いが有ります。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理って?自己破産って?それぞれの特徴について関連ページ