任意整理後の気になる生活やお金のこと

借金の返済が苦しくなって来た場合には、債務整理を行うことが必要となって来ます。債務整理には任意整理や個人再生あるいは自己破産などの手続き方法があります。どの手続きを選択するかによって債務の減額効果が異なりますので、借金や収入の状況にあわせて手続きを選択することが重要となります。
この債務整理の手続きの中でも、最も多くの人に利用されている手続きが任意整理です。任意整理は裁判所に申請する必要が無く、債権者と直接交渉を行うことが可能です。債権者と直接交渉を行いますので、交渉内容は自由に選択することが出来ます。しかし債権者に受け入れてもらえる見込みの無い無謀な交渉を行っても意味がありませんので、現実的には交渉内容は限られてしまいます。
任意整理の代表的な交渉内容は、利息をカットしてもらうことです。お金を借りた場合は、元本に利息をプラスして返済しなければいけません。しかし金銭的に困窮していて返済が遅れたりしている人は、当初の予定よりもさらに利息の負担が膨らんでしまい、状況がどんどん悪化して行ってしまいます。その為、受任通知を送付してから交渉が成立するまでの間の利息である経過利息と、任意整理後に発生する将来利息を無くしてもらうように交渉します。
債権者は貸したお金に対して金利を適用することによって儲けを出しています。貸したお金をそのままの金額で返してもらっても、何の利益にもなりません。それにも拘らず任意整理を受け入れる理由は、債務者に個人再生や自己破産を申請されてしまいますと、多くの債権を回収出来なくなってしまいます。そうなってしまいますと債権者にとっては大きなデメリットとなってしまいますので、それを防ぐ為にも任意整理を受け入れることがあります。ただし最近は任意整理を受け入れない、貸金業者なども増えて来ました。将来利息はカットするけれども、経過利息までは免除しないとしている、貸金業者も多いです。
このように任意整理は主に利息負担を無くすことを目的としていますので、基本的に任意整理後も元本の返済は、これまで通り続けて行くことになります。その為、個人再生や自己破産のように大幅に借金を減額出来るわけではありませんので、それほど返済状況が悪化していない方が、利用する手続き方法とも言えます。注意しなければいけないこととして、それほど大きな借金の減額効果がある訳ではありませんが、信用情報に事故情報が5年間は記録されてしまいます。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理後の気になる生活やお金のこと関連ページ