任意整理|その後の生活にどんな影響があるの?

弁護士に任意整理の手続きを依頼した時点から、取り立てがすべて止まります。
受任通知との行き違いで取り立てが来るケースはありますが、弁護士に整理代行を依頼したことを告げればそれ以上は取り立てをしてきません。
その後は電話や郵送、訪問など、あらゆる方法による取り立ては完全に止まるでしょう。

任意整理をしても借金がゼロになることはありませんが、過払い金が発生していれば借金を相殺してゼロ、またはマイナスにできることもあります。
ローンを相殺できるだけの過払い金が発生している場合は、債務整理をせずに過払い請求だけで整理するケースもあります。
過払い金請求をしてもローンが残るような場合は、残額を完済しなければブラックに掲載される可能性があるので注意が必要です。
消費者金融から7年以上借りている方、過去に20.0%以上の金利で借りていた方などは、過払いが発生している可能性が高いです。

任意整理で借金を整理した場合、ブラックリストに登録されます。
5年間はローン契約ができないので、実生活ではローンやクレジットの利用ができないという影響が出ます。
デメリットといえばローンを組めないことくらいで、それ以外にはほぼ影響はしません。
弁護士は家族や勤務先に知られることなく整理を進めてくれます。
ただし、生活費のための借入であれば、家族と相談をする必要性もあるかもしれません。
家族全員に節約意識を持ってもらうことで、より短期間で完済が可能になるからです。
任意整理後は利息の支払いは不要になりますが、元金は3年かけて完済していきます。
節約をして返済金を多く捻出すれば、予定よりも早く完済することができるでしょう。

ブラック期間が過ぎたあとは、以前と同じようにローン契約が可能となります。
ただし、債務整理をした業者に関しては、再び契約することは困難でしょう。
以前に利用していた業者は除外して契約することになります。

実際に任意整理をされた方は、生活への悪影響はほとんどないと答えています。
債務整理の最大のデメリットはブラックリストに登録されることですが、これも考えようによってはメリットなのです。
融資を受けることができなければ、稼いだお金の範囲内で生活するしかありません。
自然と収支のバランスを把握し、借金せずに家計を組み立てるスキルが身につきます。
現金生活に慣れた方は、ブラックから除外されたあともローンを利用しないで生活を続ける方が多いです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理|その後の生活にどんな影響があるの?関連ページ