任意整理をした後のクレジットカード│そのまま使用できるの?

借金の返済が難しくなったら考えるのが、債務整理です。債務整理にもいろいろと種類がありますが、債務整理する自己破産と個人再生の場合には、借金の総額を裁判で支払いの免除や支払額の減額などを求めて行きます。任意整理の場合には、自分で借金の整理をする消費者金融などの借り入れをしているところを決めることができるため、保証人を立てている高額の借金などの場合は保証人に迷惑をかけないため現状通りの支払いを続けていく、というような選択を行うことが可能です。「クレジットカードはいろいろな支払いに使っているし、あると便利だからこれは現状通りの支払いを続けよう」と思っているときには、少し待ってください。任意整理を行うと、現在持っているクレジットカードは使えなくなる可能性の方が高いのです。
消費者金融などは、信用情報機関に加盟しています。この信用情報機関は、消費者金融からの借り入れや支払いなどの状況が、加盟各社で共有できるシステムになっています。そのため、残しておきたいクレジットカード会社が加盟している信用情報機関に、任意整理を行う消費者金融などが加盟している場合「任意整理を行った」という情報が残ります。よく言われる「ブラックリストに載る」という状態になるため、現状持っているカードを使い続けることは難しくなります。そのため、債務整理を行う際には解約をすることになります。信用情報機関は銀行系、信販系、消費者金融系があり、加盟している会社の一覧はネットなどで見ることができます。新たにカードを持つことができるのは、信用情報機関から情報が削除された5年~10年後だと言われています。これは「何年経過したら情報が消えます」ということがわからないため、確実なことを知りたければ自分で信用情報機関に情報開示を依頼する必要があるためです。
現在クレジットカードで引き落としをしている携帯電話や保険料などは、全て銀行口座の引き落としなどに変更します。また、どうしても必要な時にはデビットカードを持つのも一つの方法です。利用の際はクレジットカードと同様のため、特に不便を感じることはないでしょう。
また、任意整理を行って借金が減ってからの期間は、自分のお金の使い方を見直す期間でもあります。「後で支払いをすればいいから、欲しいから買っちゃえ!」というような衝動買いや、お金のことを考えずに支払いを後回しにしてしまうようなお金の使い方を正すチャンスなのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理をした後のクレジットカード│そのまま使用できるの?関連ページ