任意整理直後のキャッシングは難しい?|その理由は?

消費者金融など簡単に借り入れできる金融業者は、金融属性に問題のある人にとっては大きなメリットとなりますが、簡単に借り入れできることがデメリットにもなります。現在では借入額の上限が決められているため、借り過ぎによる多重債務が起きにくい環境がありますが、借入額の上限まで利用してしまうと場合によっては返済に支障をきたす状況も出てきます。収入よりも返済額が大きくなるとそのままでは通常の生活を送ることが難しくなりますので、何らかの方法によって解決する必要があります。法的な処理を望む場合は自己破産の選択が可能ですが、自己破産は誰でもできるものではないため、債務者と任意の合意に基づく任意整理を選択する人が多くなっています。キャッシングでは、グレーゾーン金利で利用した期間が長いほど違法金利で返済している期間が長くなりますが、任意整理では違法金利で利用した分を再計算し、払い過ぎた利息を取り戻すことが可能です。過払い金返還請求と言われていますが、簡単にいえば払い過ぎた利息を返還してもらえる手続きとなります。グレーゾーン金利では20%台後半の高金利で貸付を行っていましたが、法改正により20%が上限とされたため、金利の差が過払い金となって変換されるのです。キャッシングは即日融資やWEB申込で利用しやすい環境がありますが、計画的に利用しなければ苦しい生活になってしまうため注意が必要だといえます。キャッシングで任意整理を行った場合、成立した後は借金ができない生活となってしまいます。返済能力がないことで手続きを行うわけですから、融資審査では確実に通らない状況となってしまいます。借金ができない生活となりますので、全てが現金野での生活となりますが、任意の合意による手続きですから整理する借金を選択することが可能です。しかし整理しなかった金融業者でもいずれは利用停止となるのは確実ですから、できる限りすべての借金を整理したほうが良いケースもあります。グレーゾーン金利で利用した年数にもよりますが、過払い金が高額となる場合には過払い金により借金を全て完済することもできます。過払い金で完済できれば信用情報には傷がつきませんので、融資審査に通る確率は高くなります。しかし整理した金融業者は利用できなくなるのが一般的ですから、整理した業者数が多いほど借り入れできる業者数が少なくなります。過払い金の額は弁護士などの専門家に相談してから確実な額が判明します。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理直後のキャッシングは難しい?|その理由は?関連ページ