任意整理を内緒でやりたい?どうやるの?解決サイト

複数の金融会社(クレジット会社や消費者金融、信販会社)などから多額の借金を抱えてしまった場合に弁護士を通して債務整理を依頼することができます。債務整理は債務残高や債務者の経済状況などにより「任意整理」「特定調停」「民事再生」「破産」の中から依頼人に最も適している手段が選択されます。これらの債務整理の手続きで当事者以外の第三者に知られずに内緒で債務を整理を行うことができるのは任意整理で、債務者と債権者の間に弁護士が仲介して借金を返済するという方法です。もしも破産であれば裁判所が関係しているので誰でも閲覧が可能な官報に掲載されますし、給料やその他の資産が差し押さえられたりするので債権者や弁護士以外の第三者でも破産者を特定でき、名前や住所、生年月日が知られることができてしまいます。これに対して任意整理を選択すれば弁護士と債務整理の手続きの際に利用していた金融会社と、金融会社が利用している信用情報機関にのみに情報が記録されるだけです。債務者の給料や資産が差し押さえられることもないので債務整理を依頼した人の家族や親類、勤務先が債務整理の対象となっていなければ職場の人にも内緒にしておくことが可能です。信用情報機関はあくまで民間の会社で一定期間が経過した後に情報が削除されますし、役所など公の機関や借金と無関係の個人や組織も債務整理を行っている事実を知る術が一切ありません。これらに加えて弁護士には依頼人についての守秘義務がありますし、金融会社や信用情報機関も個人情報をきちんと管理するように定められているので、債務整理を行った人の個人情報は法律でしっかり保護されています。もしも任意整理を行わずに自力で無理して複数の金融会社に借金の返済を続ける場合、一度でも延滞や滞納があれば返済を督促する郵便物が自宅に送付されたり、頻繁に電話連絡が来る可能性があります。1つの会社(債権者)が行う電話連絡や郵便物の送付数が少なくても他の複数の会社からも同じように督促が来れば相当な数になり、家族や近所の人、職場の人にも何らかの方法で借金を抱えていることが知られてしまう恐れがあります。弁護士に任意整理を依頼すれば手続き中や債務を返済している間、金融会社などの債権者は債務者と直接交渉することができなくなります。そして依頼人は何らかの方法で毎月弁護士に返済金を送金すればよく、銀行振込を利用すれば頻繁に弁護士事務所に出向く必要すらないので、借金を完済するまで内緒にしておくことができるのです。

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理を内緒でやりたい?どうやるの?解決サイト関連ページ