任意整理のメール相談したいけどどこがいい?はコチラ!

任意整理を依頼する前には相談が必須ですが、最終的に弁護士と会って相談することになります。
概要の説明はメール相談や電話相談だけで済みますが、その場で依頼とはなりません。
メール相談などでは、借入先の金融機関名、借入件数、借入額、総支払い額、返済期間などを伝えて、大まかなアドバイスを受けるだけです。
弁護士の質問に回答するだけなので難しいものではありません。
説明が苦手な方でも、質問に答えるだけなら簡単でしょう。
その後は、弁護士と面会する日時を決めることになります。
メール相談をして即依頼とはならず、一度弁護士と会って相談する必要があります。
面会する際には、持参するべきものを提示されるので用意してください。
過去のローン利用明細、カード類、契約書類などを提示するように求められることが多いです。
面会相談では現在の収入を考慮し、確実に返済できる方法で整理が勧められていきます。
任意整理をしてから、やっぱり個人再生でなければ無理ということで、二度債務整理を行ってしまう方もいます。
二度手間を防ぐためにも、面会相談でそれぞれの債務整理のメリットとデメリット、弁護士費用、借金の減額効果、自身の返済能力などを考慮して最適な方法を決めていきましょう。
弁護士は最適と思われる方法を紹介してくれますが、最終的に決断を下すのは自分となります。

 

相談をするときは、嘘偽りなく現在の経済状況を正直に伝えておくことが大切です。
ローンの類は任意整理ですべて整理できたとしても、納税義務はなくなりません。
税金は債務整理をして減額、相殺することはできないのです。
自己破産をすれば借金は帳消しになりますが、納税義務はそのまま残ります。
税金にも延滞金が発生しますから、債務整理のできないローンという感じでしょう。

 

納税に苦しんでいる状況では、ローンの返済も厳しくなるでしょう。
納税とローン返済を天秤にかけると、優先するべきは納税なのです。
債務整理できないことからも、これはハッキリしています。
納税をするとローン返済に回せるお金が少ししか残らないという方は、借入残高を5分の1まで減額できる個人再生が必要になることもあります。
任意整理の場合は利息がゼロになりますが、元金はそのまま残るのです。
弁護士と相談するときは、現在の経済状況と収支の状態をなるべく詳しく伝えておくことです。
年収の金額よりも、現在の生活において毎月どれだけお金が残るかが重要なのです。

タイトル

知っておきたい債務整理のこと

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理のメール相談したいけどどこがいい?はコチラ!関連ページ